あなたは、瞑想をするうえで
このような悩みはありませんか?

・瞑想中に寝てしまう
・瞑想をやっても達成感がなくて続かない
・そもそも、やり方がよくわからない

私は、これを
「瞑想が続かない3つの壁」だと考えています。

この壁があることで
瞑想の良さを知っていても
私は瞑想を続けることができなかったのです。

そこで、
瞑想が続けられなかったわたしが
毎日継続できるようになった方法を
お伝えします。

瞑想を習慣化させたいと思っている方は
ぜひ、お読みください。

瞑想が続かない壁1:寝てしまう

目を瞑って、無になろうとすると
「気づいたら寝ていた!」
「夢を見ていた!」

瞑想をやったことある人なら
一度は、そんな体験があるでしょう。

”瞑想中に眠くなるのは
睡眠を必要としているから寝てもいい”

そんな教えもありますが
瞑想をやるからには寝たくありませんよね。

特に私は、
電車でも、授業中でも、会議中でも
すぐに眠くなってしまう体質で

瞑想中に寝ずに最後までできたのは
正直、数えるほどでした、、、。

そんな私でも
眠らずに瞑想を続けられるようになったのは
BGMを瞑想中に流すようにしてからです。

瞑想では、
呼吸に意識を向けますが
それだけでは簡単に眠りに入ってしまいます。

しかし、呼吸と合わせて
BGMに意識を向けるようにしたところ
最後まで眠らずに続けることができました。

BGMは瞑想向けのリラックスできる
ヒーリングミュージックが良いでしょう。

今は、瞑想のアプリもたくさんあります。
私は”Insite Timer”というアプリを使っています。


アプリでBGMとタイマーを設定できるし、
毎日の記録を残してくれるのでとっても使いやすいです。

瞑想が続かない壁2:達成感がない

わたしは今まで
電車の中で瞑想をすることが多く
隙間時間にできる長さの時間で行ってました。

しかし、
降りる駅に着いたら終わりという感じで
達成感も瞑想している感もありませんでした。

そこで、
上記で紹介したアプリのタイマー機能を使い
5分間と決めて時間を計ることにしました。

すると、
5分間の終わりの合図までできた時
目標時間まで続けられた達成感を
感じられるようになりました。

さらに、このアプリのいいところは
瞑想した時間、日にちを記録してくれるため

「3日間継続できた!」
「7日間継続できた!」

と、小さな積み重ねを
楽しみにしているうちに

なんと”40日間継続“できたのです。
もちろん、その後も毎日続いています。

達成感を持ちながら継続させるためには
無理のない時間を設定することです。

例えば、
「20分瞑想するのが良い」と言われても
あなたの忙しいライフスタイルに合っていなければ
継続することは難しいでしょう。

「1分でも、3分でもOK」と、
自分にあった時間から始めましょう。

そして、
毎日起きた時にやる、寝る時にやる
など時間を決めることです。

そうすることで、習慣化しやすくなり
さらなる達成感を味わえるでしょう。

瞑想が続かない壁3:やり方がよくわからない

瞑想にはいろんな種類や、やり方がありますが

例えば、マインドフルネス瞑想では
呼吸に意識を向けて、”今、ここ”に戻る
と、言われています。

やり方は簡単そうに思えますが
初めてやる人にとっては
瞑想状態の感覚がわからないため

「本当に出来ているのか?」
「これであっているのか?」

疑問に思う人も少なくはないでしょう。

そこで初めての人でも
確実に瞑想状態を掴めるのが
誘導瞑想です。

誘導瞑想では、
あなたを瞑想状態に導くように
声をかけていきます。

呼吸に意識を向けることや
体の力を抜くこと
イメージをするものなど…

誘導に従って進めていくと
深く瞑想状態に入ることができます。

誘導瞑想は
アプリやYouTubeなどで見つけることも
できますが、

あなたのペースに合わせた誘導で
確実に瞑想状態になり
自分と繋がる感覚を体験をできるのは

『自分と繋がる瞑想セッション』です。

自分と繋がると
不思議とあたたかい涙が溢れ

今まで知らなかった
もうひとりの自分と出会うことができます。

もうひとりの自分から
今のあなたに必要なメッセージを
受け取れるでしょう。

今まで瞑想をしたことある方でも
瞑想に興味があるけどまだやったことない方でも

この神聖な感覚を体験できる
体験瞑想セッションの詳細はここをクリック

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

Haruna