あなたは、幸せでいるために
心がけていることはありますか?
パッと思い浮かばなくても、
習慣となって無意識にやっていることも
あるかもしれませんね。

今回は、わたしが自分を幸せにするために
心がけていることを4つ紹介します。
共感していただけたり、
参考にしていただけたりしたら嬉しいです。

①「できない」は言わない

わたしは、やる前から自分で限界を決めず
とりあえずなんでも挑戦してみるタイプです。

特に、お仕事においては
「これ、やってみない?」とお願いされた時は
スケジュール的やスキル的に難しそうでも
引き受けるようにしています。

なぜなら、やってみなければ
できるか、できないかはわからないからです。

ちょっとハードルが高そうな目標を目指して
「どうしたらできるか?」を考えることで
自分の可能性を広げられると感じています。

②「行ってみたい」と思ったらすぐ行動する

行きたい場所、会ってみたい人、やりたいことが
ふっと浮かぶことはありませんか?
そんな時にわたしは、
すぐに行動に移すようにしています。

例えば、行きたい場所が思い浮かんで
すぐに行けない時でも
その場所について調べてみたり、
具体的にスケジュールを考えてみたり
小さな行動からはじめますよね。

心が動いた時に行動すると
不思議といいご縁に恵まれます。

③「今、何したい?」と自分に話しかける

これは、共感していただける方と、
「どういうこと?」と不思議に思う方が
いらっしゃるかもしれませんね。

2つ目でもお伝えした通り
心が動く瞬間は、人生を左右する
重要なサインだったりします。

しかし、わたしたちは
頭で考えることを教えられてきたため
心を感じることを忘れがちです。

そのため、意識的に自分に話しかけて
自分の心にフォーカスします。

大きな決断ほど、
頭だけで決めるのではなく、
心がどう感じているかを大切にしたいので
日頃から自分に話しかけるようにしています。

④気分が落ち込んでいる時は無理に頑張らない

人生にはリズムがあるのを感じませんか?
何事もスムーズに進む時もあれば、
トラブルが続いて気分が落ち込むことも
ありますよね。

SNSなどで憧れの人をみていると
いつでもキラキラしてて
落ち込むことがなさそうで

『わたしもこんな風に
なんでもうまくやれるようになりたい』と、
思ってしまいますが
実際は、誰でも落ち込むことはあります。

しかし、
落ち込むような出来事は長くは続きません。
必ず、調子のいい時期もまたやってきます。

だからこそ、
気分が落ちているときは無理に頑張らず
好きなことだけやる時期も大切です。

最後に、、、

何気ない毎日の中から幸せを見つけて
あなたがいつでも幸せを感じられるように
わたしの幸せでいるための心がけが
参考になったら嬉しいです。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

<あなたの幸せを言葉のチカラで応援>
  〜3月に開催のイベント〜

3月13日(土)21:00~22:00

3月16日(火)21:00~22:00

随時開催(ご希望の日程をお問い合わせください)